導入されたお客様の声

完全院外調理システムご導入について、インタビューをさせていただきました。
N病院(60床)事務長・管理栄養士 S様

※プライバシーポリシーに基づき、ご病院名、ご氏名はイニシャル表記とさせていただいております。

完全院外調理システムをご導入しようと、お考えになられたきっかけは何ですか?
病院の建て替えの際にスペースがなかったので、厨房設備のいらない完全院外調理の導入を前提に建て替えを行ったし、厨房設備の経費が不要なのも大変魅力でした。
ご導入にあたり、不安な点や反対意見はございましたか?
工場からの配送なので、一番は交通事情などで食事が遅れることがないのか不安でした。
次に、食事は適温で患者様に召しあがってもらえるのか、等の疑問がありましたね。
導入後、不安点や反対意見は解消されましたか?
配送トラブルによる食事の遅れは発生していなし、納品時間も食事まで3時間程の余裕がある。
何かトラブルがあっても対応可能な時間だと思います。食事の温かさも良く、温・冷共に適温でした。
完全院外調理をご導入後の感想をお聞かせ下さい。
厨房のスペースがいらないのはやはり魅力ですね。
光熱費の削減にもなるし、直営で給食を作っていた時は、人事などにも悩ませられましたから。 管理栄養士も帳票など事務作業をする時間が作れましたね。食事の個別対応も幅広くお願いできるのもいいですね。

完全院外調理システムご導入について、インタビューをさせていただきました。
N病院(60床)理事 総務部長 Y 様

第一食品にしたワケ
厨房を無くす事で、院内のスペースを効率的に使用できるというところが一番の魅力でした。
厨房に関わる経費も大きく削減できますし、直接的にも間接的にも運営が簡略化されて、非常に優れたシステムだと思います。
導入前の不安
病院給食において食事提供の時間厳守は大前提の事項です。セントラルキッチンからの配送は遅配などのリスクがあるのではないかと不安がありました。特殊なシステムなため、管理面も含めて不安はありましたが、クックチル方式を採用されているので、時間に余裕を持った運営が可能になり、食事の提供時間の不安はなくなりました。
第一食品にして良かったこと
管理面もしっかりされているので、衛生や品質に関しても安心してお任せできます。
また第一食品様は複数の工場を持たれているので、危機管理体制も整っているので安心しております。非常に満足しております。

給食委託サービスご導入について、インタビューをさせていただきました。
K病院(400床)事務部長 I 様

第一食品にしたワケ
病院では給食というのがとても重要なポイントです。その給食に関して、質を落とさず、適正なコストにもっていくことが経営管理スタッフにとって大事なことでした。
課題にしていた時に第一食品様を紹介され、歴史もあり給食に特化し、事業に対する柔軟性、危機管理体制もしっかりされている事が理解できましたので、お願いする事になりました。
導入前の不安
直営でしたのでコストはそれ相応に擦り合わせで委託のメリットは出てくるとは思いましたが、給食の質、従業員の労務管理、安全衛生面など管理面における不安がありました。
委託後、当初懸念に思っていた安全面・衛生面・食中毒に対するリスク管理が非常に高く安心しました。
スタッフ(調理師・栄養士)に対する講習会も定期的に行っておりましたので、懸念もなくなりました。
第一食品にして良かったこと
食事に対する患者様の評価も年々上がっており非常に喜んでおりますし、調理師・栄養士の方ともコミュニケーションが非常にとりやすいです。
フランクにお付き合いでき、長年に渡って良い信頼関係が構築できましたし、第一食品様にお願いして良かったです。